三重の少子化問題対策とアルバイトについて

三重県は、紀伊半島の東部に位置する人口約182万人が住む県です。伊勢神宮があることでも知られ、古くから伊勢参りの人々が行き交う地域です。地形は南北に細長く、県の中部から北部の東側は、伊勢平野が広がり伊勢湾に面しています。一方で西側や県南部は険しい山間部となっています。また北西部には伊賀盆地があります。

産業は中部から北部にかけて中京工業地帯の一角を担っており、重化学工業や自動車生産の大規模工場があります。一方で、平野部では農業が盛んで、伊勢湾や太平洋に面した地域では水産業が盛んです。

一方で、人口は名古屋圏の一部である北部が集中しており、三重県最大の人口を持つ都市は四日市市の約31万人で、県庁所在地の津市は約28万人にとどまっています。そのため、三重県の正社員やアルバイトの求人は北部に集中しています。

一方で南部など山間部では、過疎地域として人口減少が問題となっています。三重県が取り組んでいる少子化問題の対策としては、子育てを中心で、ついで働き方、機運の醸成、妊娠・出産、結婚などがあります。